久留米のビジネスホテルでデリヘルを呼んでみよう

MENU

久留米のビジネスホテルでデリヘルを呼んでみよう

久留米は月星とブリジストンの企業城下町だけど、全国規模の衣料品問屋が軒を連ねています。人口20万ぐらいなのに、全国各地から出張がやってきます。

 

西鉄駅と歓楽街周辺にビジネスホテルが多く、朝食&夕食付きで4,980円からあります。
でもね、ビジネスホテルは出張者の宿泊用であって、デリヘルを利用する為のホテルではありません。しかーし、それは表向きなのです。ポイントを押えれば、ビジネスホテルでもデリヘルを利用できます。

 

久留米に来た出張者の話

チョッパーは久留米の風俗管理人ですが、風俗を世話する客引きではありません。だから世話する事は無いのですが、ちょっとだけデリヘルを利用できなかった出張者の話をします。

 

・大阪の風俗好きな出張者

大阪からやって来た風俗好きの出張者は、久留米で有名な「萃香園ホテル」にチェックインしました。もちろん遊びを心得ているからツインルームです。ところがデリヘルに電話したらNGだったそうです。「なんでやねん、久留米のホテルはツインでもアカンの!」ってボヤきますよ。

 

あのねえ このホテルはディナーショウや展示会をしてる、ハイクラスホテルです。チェッカーズのフミヤちゃんも結婚式を挙げたホテルなのです。ダブルであろうがツインであろうが、フロントのチェックが厳しいから風俗NGです。

 

・福島から家具の仕入れにやって来た出張者

馴染みの焼き鳥屋「横綱」で知り合った、福島の出張者と意気投合しました。文化街の飲み屋をハシゴしてると「なんだべ、久留米でデリヘル呼べるビジネスホテルはあるべか?」って聞くんですよ。夜10時過ぎなのに、今夜泊まる宿も決めていなかったのです。文化街から歩いて1分のグリーンホテルに案内して、ダブルの部屋にチェックインさせてあげました。

 

ロビーで会話してると「人妻で、ドスケベで、フェラの上手な店あるっぺ」ってチョッパーに聞くんですよ。仕方ないから携帯で「癒庵」のサイトを見せると「んだんだ、この娘がいいっぺ」って、予約を入れちゃいました。その後、久留米に出張すると必ず電話がかかってきます。

 

デリヘルを利用できるビジネスホテルは地元に聞け

ビジネスホテルにチェックインしてから「デリヘルを利用できるか」確認するよりも、デリヘルを利用できるビジネスホテルにチェックインする事です。
しかし、デリヘルを使えるビジホの情報はどこで入手するのでしょうか?答えは簡単!地元の風俗情報サイトで収集できるし、利用したいデリヘル店に電話すると教えてくれますよ。といいますかここに書いておきましたのでみてみてください(笑)情報があれば、出張前にビジホとデリヘルの予約ができちゃいます。

 

ビジホでプレイする注意点

ビジネスホテルは、無駄なスペースが無く機能的に設計されています。ユニットバスは狭いから、シャワーとバスタブを使い分けて交互に体を洗います。混浴は体が密着して興奮するけど、お湯がザバーっと零れるので注意しましょう。

 

ビジネスホテルはラブホテルに比べて防音が甘くなっています。耳を澄ませば、通路を歩く音やスタッフの会話が聞こえる事もあります。コンパニオンのアエギ声が大きいと興奮するけど、ラブホテルと違うので抑えるようしましょう。テレビのボリュームをちょっと大きくすると、ゴマカスことができますよ。

 

※仕事の都合でビジネスホテルが指定され「デリヘルを利用できない」場合でも、店の受付に電話すればラブホテルまで案内してくれます。久留米のデリヘルは、出張者と風俗初心者に優しいのです。